在日外国人(在日韓国人・在日中国人等)の戸籍調査・戸籍取得・戸籍翻訳について

 

在日韓国人が死亡した場合

相続関係を調査及び証明するための戸籍謄本等の取得や戸籍謄本等の翻訳に関する具体的な流れを述べたいと思います。

在日韓国人の方が死亡した場合を例に解説します。

韓国では戸籍制度に代わって「家族関係登録制度」が創設され、戸主中心の「家単位」の制度から「個人単位」の制度へと変わりました。

しかし、相続関係を証明するためには、過去の「戸籍謄本」と「登録事項証明書」を取得して被相続人と相続人の相続関係を証明します。そして、この「戸籍謄本」も「登録事項証明書」もハングル文字で記載されていますので、ハングル文字を日本語に翻訳する必要があります。

戸籍謄本及び登録事項証明書の取得方法

以前は戸籍の本籍地を管轄する戸籍官署(市庁・区庁・面事務所等)に直接行って請求するか、郵送請求するしかありませんでした。

郵送請求するにしても戸籍官署を調べて請求書を韓国語で作成して、交付手数料を入れて送付する、日本で生まれて日本で育った在日韓国人の方は、ハングル文字を書けない人も大勢おり、かなりハードルの高い作業です。そのため、在日本大韓民国民団の支部等や専門事務所に依頼をしていました。

しかし、今では、登録事項証明書だけでなく戸籍・除籍謄本もコンピューターによるオンライン管理ができており、韓国のどの戸籍官署でも請求することができ、さらに日本に駐在する下記3つの韓国総領事館ともオンライン化が実現しており、日本国内にて請求して戸籍謄本や登録事項証明書を取得することができます。

下記の韓国総領事館には直接行って請求する他、郵送請求も可能です。

【オンライン化している韓国総領事館】
・駐日本国大韓民国大使館領事部
・駐大阪韓国総領事館
・駐福岡韓国総領事館

戸籍謄本及び登録事項証明書の取得する際の注意点

上記の韓国総領事館に請求する際には、被相続人(お亡くなりになられた方)の出生から死亡までの身分事項が全て網羅された戸籍謄本及び登録事項別証明書(基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書等)と、相続人全員の登録事項別証明書が必要な旨を韓国総領事館の職員に伝えて請求するとスムーズに必要な書類が取得できます。

郵送請求の場合は、文書でその旨を職員に伝えるようにします。

戸籍謄本及び登録事項証明書の翻訳

必要な戸籍謄本や登録事項証明書を取得したら、それらの書類はハングル文字で記載されておりますので、日本語に翻訳します。

この作業に関しても日本で生まれて日本で育った在日韓国人の方の中にはハングル文字の読み書きができない人が大勢いるので、かなりハードルが高いと思われます。やはり「翻訳事務所」や「翻訳センター」等という看板を上げている会社にハングル文字を日本語に翻訳する依頼をする方法が良いでしょう。

依頼をする前に見積をしてもらうと安心して依頼することができるのでおすすめです。

 

なお、当事務所では、在日外国人(在日韓国人・在日中国人等)の相続手続の実績がある専門家が相続手続のサポートを行っております。又、ハングル文字や中国語の日本語への翻訳も提携の翻訳事務所を通してサポートを行っております。

お電話(メール)や郵送のやり取りのみで、相続手続を行わせて頂くことが可能ですので、北は北海道、南は沖縄まで全国のお客様からのご依頼をお待ちしております。

一日でも早く、相続手続に関するご不安をなくすために、スピード重視で相続手続を行わせて頂きますので、在日外国人の方で相続手続をスムーズに行いたい方は

0120−40−3430
または、こちらのページより、お問い合わせください。

 

PAGE TOP