相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続関連用語集 > 財産放棄の相続人の範囲

財産放棄の相続人の範囲

財産放棄をする必要がある相続人の範囲について説明します。相続人になる親族の範囲は以下のとおりです。

第1順位の相続人 = 子供
※子供が相続開始前に死亡している場合はその子供の直系卑属
第2順位の相続人 = 直系尊属(親又は祖父母)
※親が相続開始前に死亡している場合はさらにその上の直系尊属
第3順位の相続人 = 兄弟姉妹
兄弟姉妹が相続開始前に死亡している場合は兄弟姉妹の子供
上記1~3順位と法定の割合で相続分を分け合う = 配偶者(夫又は妻)

第1順位の相続人である子供が死亡している場合は、その子供の子供である孫が相続人となります。孫も既に死亡している場合は孫の子供である曾孫が相続人となります。しかし、第3順位の相続人である兄弟姉妹が死亡している場合は、その兄弟姉妹の子供である甥姪が相続人になりますが、甥姪も既に死亡している場合に甥姪の子供が相続人になることはありません。

このように本来の相続人が死亡している場合にその直系卑属が相続人になることを「代襲相続」と言います。第1順位の相続人の場合は、子供が死亡している場合は孫、孫が死亡している場合は曾孫といった感じで、可能な限り延々と代襲相続が続くのに対し、第3順位の相続人の場合の代襲相続は1度きりです。

財産放棄の場合、第1順位の相続人が財産放棄をすると、財産放棄をした相続人は初めから存在しなかったことになります。財産放棄をした相続人の代わりに直系卑属が代襲相続することはありません。財産放棄は相続人の意思に基づいて行う手続だからです。

第1順位の相続人(又は代襲相続人)が全員財産放棄すると、第2順位の相続人に相続権が移り、第2順位の相続人が全員財産放棄すると、第3順位の相続人に相続権が移ります。
各順位の相続人が「最初から全く存在しない」又は「代襲相続人も含めて既に全員死亡している」場合は、自動的に次の順位に相続権が移ります。

第1〜第3順位の相続人及び配偶者が全員財産放棄すると、相続人が誰もいない状態「相続人不存在」となります。

PAGE TOP