相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続関連用語集 > 財産放棄の財産の範囲

財産放棄の財産の範囲

財産放棄によって放棄できる財産についてですが、「相続財産」と認められる財産であれば一切を放棄することができ、「相続財産」と認められない財産であれば財産放棄によって放棄することはできません。

相続財産と認められる財産

積極財産(プラス財産)

  • 不動産(土地・建物 等)
  • 不動産に対する権利(地上権・地役権・借地権 等)
  • 動産(現金・預貯金・自動車・家財道具・骨董品 等)
  • 債権(貸金・売掛金・賃料 等)
  • 有価証券(株式・公社債 等)
  • 損害賠償請求権 ※1無体財産権(特許権・商標権・著作権・実用新案権・意匠権 等)

消極財産(マイナス財産)

  • 債務(借金・買掛金・未払金 等)
  • 保証人としての地位(連帯保証人 等)
  • 納税義務(所得税・住民税・固定資産税 等)

相続財産と認められない財産

積極財産(プラス財産)

  • 生命保険金(受取人が被相続人となっている場合は相続財産)
  • 死亡退職金
  • 遺族年金
  • 香典・弔慰金
  • 祭祀財産(祭祀に必要な家系図、墓地、墓石、仏壇、位牌など)※2

消極財産(マイナス財産)

  • 身元保証人の地位 ※3

 「相続財産と認められる財産」は財産放棄をすることで全てを放棄することになります。しかし、「相続財産と認められない財産」については、財産放棄とは無関係に相続人の固有の権利として受け取ることができるものです。つまり、被相続人の負債は財産放棄によって払わなくて済んだにも関わらず、生命保険金は受け取ることができるということです。

※1 被相続人が生前に他人に対して有していた損害賠償請求権だけでなく、被相続人が生命侵害を受けたことに対する損害賠償請求権及び慰謝料請求権も含みます。
※2 祭祀財産は、被相続人が指定した祭祀承継者が相続し、祭祀承継者が指定されていない場合は、慣習によって祭祀承継者が決定されます。慣習が明らかでない場合は、家庭裁判所が祭祀財産の権利の承継を定めます。
※3 身元保証人の地位については、被相続人の一身専属的な義務と解されており、相続の対象にはなりません。ただし、相続開始前に身元保証人としての保証額が確定している分については、借金等と同じ扱いになり、相続人が相続します。

PAGE TOP