相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続関連用語集 > 相続人の廃除とは

相続人の廃除とは

相続人の廃除とは

被相続人が該当者に相続させたくないと思慮するような非行があり、被相続人が該当者に相続させたくない場合に被相続人の申し出で家庭裁判所が審判又は調停で該当者の相続権を奪う制度のことです。

相続人廃除の要件

1: 遺留分を有する推定相続人
すなわち直系尊属、配偶者、子及びその代襲者が該当します。

2 :相続人廃除の原因があること 
これは、被相続人に対する虐待、又は重大な侮辱と、その他の著しい非行のことをいいます。具体的には父母への暴行、家庭の財産の極度の浪費、無断売却等が該当します。

3: 家庭裁判所に相続人廃除の請求をすること 
他に被相続人が遺言で該当者を廃除する意思を表示した場合には、遺言執行者が、遺言の効力が生じた後に遅滞なく家庭裁判所に廃除の請求をしなければなりません。

4 相続人廃除の審判又は調停があること 
被相続人の請求があっても必ず廃除されるわけではありません。

相続人廃除の効果 

被廃除者は、遺留分権を含む相続権を喪失します。相続人廃除の効力は、被相続人の死亡時(相続開始時)に遡って被廃除者の一身についてのみ生じるのであって、相続人廃除請求をした被相続人に対する相続権を奪うのみです。

遺贈を受ける権利は喪失しませんし、被廃除者が相続人廃除当時の身分を喪失し、廃除者に対して新しい身分を取得した時は、これにより新たな相続権を取得します。例えば非嫡出子を廃除した後同一人物と養子縁組をした場合等です。

相続人廃除の取消 

被相続人は、生前の請求又は遺言によっていつでも相続人廃除の取消を家庭裁判所に請求できます。

PAGE TOP