相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続関連用語集 > 相続

相続 とは

相続とは?

相続とは、自然人の財産法上の地位又は権利義務を、その者の死後に、法律及び死亡者の最終意思の効果として、特定の者に承継させることをいいます。死亡した人を被相続人・相続する人を相続人といいます。相続は、被相続人の死亡によって発生し、死亡した瞬間に法定相続分に応じて各相続人に分配され、この相続財産の配分に変更を加える場合は、遺産分割協議をする必要があります。又、被相続人が遺言を

当事者の説明

〈被相続人〉
相続の開始で承継される財産的地位の従来の主体になる人のことをいいます。
〈相続人〉
民法により被相続人の財産上の地位を承継する人の事を言い下記の人が該当します。
1)血族 第1順位は、子とその代襲相続人(実子だけでなく、養子も含まれる)第2順位は、直系尊属。第3順位は、兄弟姉妹とその代襲相続人(ただし、甥、姪の代まで)となります。
2)配偶者 常に相続人となり、上記の各順位の相続人と法定相続分に従って相続財産を分け合います。

相続財産

被相続人の相続開始時の財産のことをいいます。民法では、相続人は、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継するとされているので、財産権だけでなく債務があれば債務も相続します。相続財産には、主に以下の様なものが該当します。

1 :物権 所有権、制限物権(用益物権、担保物権)だけでなく、占有権も該当します。
2 :債権 損害賠償請求権、慰謝料請求権、扶養請求権、財産分与請求権等が該当します。
3: 債務 一般の債務だけでなく、保証債務等も該当します。
4 :契約上の地位 売買契約等の契約当事者の地位、借家権等は相続人に承継されます。
団体構成員の地位 株式会社の株主の地位、合資会社の有限責任社員の社員権等は、相続人に承継されます。 

 

PAGE TOP