相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続関連用語集 > 自筆証書遺言 

自筆証書遺言

自筆証書遺言とは?

遺言者が遺言書の全文、日付、氏名を自書し、これに押印することによって、成立する遺言。遺言の存在を秘密に出来ますが、偽造・変造や、紛失のおそれもあります。他に、記載内容の意味が読み取れずに、無効となってしまう恐れもあります。遺言を執行する場合には、家庭裁判所の検認が必要です。以下が、自筆証書遺言の方式です。

方式・要件

1 全文を自書する
これは、遺言者の真意であることを担保するものですから、ワープロやパソコンで打たれた場合は無効となります。但し、他人の手助けを借りて遺言を作成した場合は、筆記を容易にする為にされた程度で、遺言に他人の意思が介入した形跡がないことが筆跡の上で判断できる場合には、自書の要件を満たしており有効となります。又、自筆証書遺言をコピーして作成した場合は自書の要件を満たしませんが、カーボン複写によって作成した場合は自書の要件を満たすので有効となります。

2 日付の自書 
これは、遺言者に遺言当時遺言能力があったのかどうか、又は複数の遺言が作成されている場合にその先後を判断する為に要求されるので、記載されていない場合には遺言は無効となります。なお、日付が確定されればよいので平成○年の誕生日、という記載でも構いませんが、「吉日」というのでは日付が確定されませんので遺言は無効になります。

3 氏名の自書 
これは、遺言者が誰か明らかにし、遺言が遺言者本人の意思に基づくことを明らかにする為に要求されます。ですから、遺言の内容その他の証拠から他人と区別しうる程度の記載でよいとされていますので、遺言者の同一性が明らかになるのなら、氏又は名の一方だけの記載でも自筆証書遺言として有効と認められることもあります。

4 押印
これは、氏名の自書と同様、遺言者が誰か明らかにし、遺言が遺言者本人の意思に基くことを明らかにする為に要求されます。ただ、最近は方式の厳格性を緩和する傾向にあり、実印でなく三文判でも構いませんし、指印でも構わないとされました。

遺言の加除変更

自筆証書遺言中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければその効力を生じません。

 

PAGE TOP