相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄豆知識 > 相続放棄・単純承認・限定承認について

相続放棄・単純承認・限定承認について

1.相続放棄

被相続人の相続財産を放棄し、一切の相続しないことです。被相続人のプラス財産よりもマイナス財産の方が多い場合、この手続を取ります。
相続開始後3ヶ月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述の申立」をし、認められれば相続人ではなくなります。

2.単純承認

被相続人の相続財産の一切を承継することです。特別な手続を必要とせず、相続開始後3ヶ月以内に以下の2・3の手続を取らなければ、自動的に単純承認をしたとみなされます。
相続財産を全て承継するので、被相続人にマイナス財産がある場合、そのマイナス財産がプラス財産を上回っていても全額返済しなければなりません。

3.限定承認

プラス財産が多いのか、マイナス財産が多いのかが分からない場合、有効な相続方法です。
相続で得た相続財産の範囲内でマイナス財産を返済する、という条件で相続を承認します。
仮にプラス財産を清算した結果、マイナス財産しか残らないような場合でも、不足分を支払う必要はありません。逆に、マイナス財産を返済してプラス財産の方が多ければ、差し引いた財産を取得することができます。
限定承認の手続は、相続開始を知った時より3ヶ月以内に、家庭裁判所に「限定承認申述の申立」を行います。

 

PAGE TOP