相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄豆知識 > 熟慮期間について

熟慮期間について

熟慮期間(熟慮期間伸長の申立)について

相続人は、被相続人(亡くなった人)が死亡したことを知り、自分が相続人になったことを知ったときから3ヶ月以内(熟慮期間という)に相続放棄又は限定承認をしなければ、単純承認をしたものとみなされます。
しかし、相続財産が各地に分散していたり、相続財産の権利関係が複雑である場合、熟慮期間内に相続の承認又は放棄の判断ができないことがあります。

このような場合に、相続人は家庭裁判所に対して熟慮期間伸長の申立をすることができます。伸長できる期間は、相続財産の所在、評価の困難さ、相続人の能力を考慮して家庭裁判所の裁判官の裁量によって決定されます。
そして、相続人が複数いる場合(共同相続)には、熟慮期間は相続人1人につき別々に進行するため、伸長の申立も各相続人がしなければなりません。

又、被相続人(亡くなった人)が死亡したことを知り、自分が相続人になったことを知ったときから3ヶ月経過している場合でも、被相続人の相続財産の内容を具体的に知った時から3ヶ月以内の場合であれば、熟慮期間の伸長が認められる場合があります

 

PAGE TOP