相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄豆知識 > 保証人・連帯保証人の相続放棄

保証人・連帯保証人の相続放棄

被相続人が保証人又は連帯保証人になっている場合、相続人がその事実を知らず、相続放棄手続をしていない場合がほとんどです。なぜなら、保証人や連帯保証人には債権者から定期的に借入明細書が届くわけではありません。

主たる債務者(お金を借りた人)が返済をきちんと行っている限り、保証人又は連帯保証人になった事すらも忘れてしまうことがあるのです。保証契約又は連帯保証契約を行った本人すらも忘れてしまう事があるのですから、相続人の場合は尚更です。

保証債務や連帯保証債務の事を私は「隠れた債務」と呼んでいます。主たる債務者が急に返済を止めてしまい、被相続人が死亡して何年も経ってから相続人のところに督促状が届くこともあり、保証債務や連帯保証債務が判明した時には熟慮期間(被相続人の死亡を知った時から3ヶ月)が経過していることがほとんどです。
このようなケースでは家庭裁判所も非常に寛容であり、相続放棄を比較的緩やかに認めてくれる傾向にあります。

熟慮期間が何年も前に経過していたとしても、被相続人の債務が保証債務や連帯保証債務の場合は、相続放棄できる可能性は十分にあるということです。

もし、被相続人様がお亡くなりになって3ヶ月を過ぎて連帯保証人の債務の返済がきた場合、ぜひ私どもにご相談ください。
相続放棄のお手伝いをさせていただきます。

 

PAGE TOP