相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄豆知識 > 孫や甥姪も相続放棄が必要か?

孫や甥姪も相続放棄が必要か?

子供が相続人となる場合で、子供が相続放棄をしたらその相続権が子供の子供(孫)に移動するのか?又は、兄弟姉妹が相続人となる場合で、兄弟姉妹が相続放棄をしたらその相続権が兄弟姉妹の子供(甥姪)に移動するのか?という質問をよく受けます。
答えはNOです。相続人が相続放棄した場合、相続開始の時から相続人ではなかったことになるので、その相続人の子供にも相続権はありません。

しかし、孫や甥姪が相続人になる場合もあります。それは、相続人となるはずだった子供や兄弟姉妹が被相続人より先に死亡している場合です。その場合、死亡した子供に代わって孫が、死亡した兄弟姉妹に代わって甥姪が相続人になります。この制度を代襲相続といいます。子供や兄弟姉妹が複数いて、そのうちの1人が被相続人より先に死亡している場合でも代襲相続は起き、その死亡した子供や兄弟姉妹が承継するはずだった相続分を孫や甥姪が代襲相続できます。(代襲相続人が複数いる場合は頭割します。)

又、子供や兄弟姉妹が被相続人より先に死亡している場合以外にも、孫や甥姪が相続人になる場合があります。それは、相続人になるはずだった子供や兄弟姉妹が「相続欠格」「相続廃除」によって相続権を失った場合です。「相続欠格」は、法定の欠格要件に該当する行為(被相続人の殺害や遺言の破棄)をすることで相続権が失われる制度、「相続廃除」は相続人に著しい非行がある場合に被相続人の意思によって相続権を取り上げる制度です。

「相続欠格」「相続廃除」により相続権が失われた相続人に代わって、代襲相続人が被相続人を相続できる制度になっています。相続をしたくない代襲相続人は、相続人と同様に相続放棄をしなければなりません。

本来相続する方がお亡くなりになっている場合は注意が必要ですね。

PAGE TOP