相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄豆知識 > 相続放棄 兄弟

相続放棄 兄弟

相続は、子供が第一順位、両親(又は祖父母)が第二順位、兄弟姉妹が第三順位となっており、配偶者(夫又は妻)は各順位の相続人と法定の割合で相続します。

ちなみに、兄弟(兄弟姉妹)が相続人になる場合は、被相続人(亡くなった人)に子供がおらず、両親(又は祖父母)が既に死亡している場合になります。子供や、両親又は祖父母が一人でもいる場合は兄弟姉妹が相続人になることはありません。

兄弟が相続し、相続放棄する場合ですが、相続放棄手続きに必要な戸籍謄本の範囲が非常に広くなります。

下記が、兄弟(兄弟姉妹)が相続放棄をする場合に必要な戸籍謄本の一覧です。

第三順位(兄弟姉妹)の相続放棄

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 子供が死亡している場合は、子供の死亡時の戸籍謄本
  • 両親及び祖父母の死亡時の戸籍謄本
  • 申立人の現在の戸籍謄本

もし、相続放棄手続きをする場合は、これらの戸籍謄本を確実に準備しなければなりません。確実に相続放棄を行うためには、専門家に任せるとスムーズに戸籍謄本を集めることができ、相続放棄手続きを完了することができますので、オススメです。

私どもでは兄弟の方が相続放棄をする場合の相続放棄手続きの実績がとても豊富ですので、兄弟の方が相続放棄をしたい場合は、お気軽に私どもまでご相談ください

 

PAGE TOP