相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄豆知識 > 3ヵ月経過後の財産放棄手続

3ヵ月経過後の財産放棄手続

財産放棄とは、相続人が被相続人(亡くなった人)の死亡を知り、さらに、自分が相続人になったことを知ったときから3ヶ月以内に手続きしなければなりません。この3ヶ月の期間を熟慮期間と言います。

しかし、熟慮期間を経過したとしたら一切財産放棄手続が認められないのでしょうか?そんな事はありません。熟慮期間を経過していても「相続財産に対する具体的な認識があるか否か」が重要となります。過去の最高裁判所の判例の言葉を借りると「相続財産の一部又は全部を具体的に確知していたか否か」です。簡単に言い換えれば、借金や保証人になっていたことを知っていたか?ということになります。

例えば、相続人が被相続人の相続財産がプラスもマイナスも一切無いと思い込んでいるのを利用して、債権者がわざと被相続人の死亡から3ヵ月経過した後に借金の取り立てに行くことも考えられます。そのような思い込みをしていた相続人にも非がありますが、あるゆる場合に全ての情報が相続人に与えられるわけではありませんので、このような相続人を守る必要も出てきます。

最高裁判所の判例を基に、現在では「負債の存在を知ってから3ヵ月経過しているか否か」で判断するのが家庭裁判所の運用となっています。ですので、借金があることを知ってから3ヶ月以内かどうかが重要なポイントとなります。

熟慮期間を経過しているからと言って諦めている方には、一度専門家に相談してみることをお勧めします。

 

PAGE TOP