相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄豆知識 > 財産放棄手続きの概要

財産放棄手続きの概要

財産放棄手続きとは、被相続人(亡くなった人)が生前に有していた一切の財産権を相続せず、又、債務がある場合も一切相続しない法律上の制度のことです。

仮に、被相続人(亡くなった)が多額の借金を残して亡くなった場合、その相続人に借金の相続が強制されるということになると、その相続人は今後の生活が成り立たなくなり、将来設計もパーになってしまい、最悪の場合は自己破産するしかない、といった具合になってしまいます。そこで、財産放棄という制度が法律で認められているのです。

財産放棄手続きは、家庭裁判所に申立をする方法によって行います。

口頭や書面で他の相続人に「財産を相続しません」「債務は相続したくありません」という意思を表明するだけでは、財産放棄をしたことにはなりませんのでご注意ください。
家庭裁判所の審判の結果、財産放棄が受理されると、相続人は初めから相続人でなかったものとして扱われます。

財産放棄の手続きは、各相続人が「単独」で行うことができます。財産放棄をする相続人は、被相続人が亡くなったことを知った日から3ヶ月以内に、財産放棄を裁判所に申し立てる必要があります。
ただし、この3ヶ月以内に財産放棄をするかどうか決めることが出来ない事情がある場合は、家庭裁判所に申し立てることにより、3ヶ月の期間の伸長が認められます。
又、相続人に未成年者(または成年被後見人)がいる場合は、その法定代理人が代理して申立を行います。

ちなみに、財産放棄手続き先の家庭裁判所・手続に要する費用・手続の必要書類は下記のとおりとなります。
ただし、相続放棄のケースによっては少々異なりますので、その点はご承知下さい。

手続をする家庭裁判所

被相続人(死亡した人)の「最後の住所地」を管轄する家庭裁判所
※「最後の住所地」とは、被相続人が、住民票上の住所として定めた最後の住所地の事です。

手続に必要な費用

1.申立人1人につき 収入印紙800円
※郵便局やコンビニエンスストアなどで買うことができます。
2.連絡用に予納する郵便切手
※80円×5、10円×5が一般的ですが、家庭裁判所によって異なります。
※使わなかった郵便切手は、後で相続人に返還されます。

手続に必要な書類

1.相続放棄申述書                      1通
2.申立人の戸籍謄本                     1通
3.被相続人(死亡した人)の戸籍謄本           1通
4.申立人と被相続人(死亡した人)が同籍にあった時の戸籍謄本  1通
5.被相続人(死亡した人)の住民票               1通

※ただし、相続放棄のケースによって、家庭裁判所から要求される添付書類は上記以外にあります。

以上、財産放棄手続きに関する説明でした。

 

PAGE TOP