相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄豆知識 > 財産管理委任契約

財産管理委任契約

財産管理委任契約とは、自分の財産の管理を含めた生活上の事務の全部又は一部について、代理権を与える人を選んで具体的な管理内容を決めて委任するものです。

任意代理契約とも呼ばれ、民法上の委任契約の規定に基づきます。財産管理委任契約は、当事者間の合意のみで効力が生じ、内容も自由に定めることができます。

成年後見制度は精神上の障害による判断能力の減退があった場合に利用できるものですが、財産管理契約はそのような減退がない場合でも利用できます。よって、すぐに管理を始めなければならない場合や、判断能力が徐々に低下してもその前から管理を継続させたい場合や、死後の処理も依頼したい場合などに有効な手段といえます。

又、任意後見契約では効力を発生させるためには、家庭裁判所での任意後見監督人選任が必要となり、その準備や手続で時間がかかりますし、家庭裁判所への申立て・審判が必要になりますので、緊急の入院等では対応しきれません。そのため、任意後見契約の代替制度としても使われます。

 

PAGE TOP