相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄豆知識 > 遺留分とは

遺留分とは

「遺留分」とは、相続財産の一定割合の取得を相続人に保証するという制度です。

被相続人は、遺言や生前贈与で自由に相続財産を処分できます。極端な話、相続人に何も残さず、愛人に相続財産を全て遺贈するという処分方法を取ることもできます。しかし、それでは相続人にあまりにも不利益になるので、遺留分という権利が認められているのです。

相続人の遺留分を侵害する遺言や生前贈与も、当然に無効となるわけではありません。遺留分を取り返す権利を行使するかどうかは相続人の自由であり、自己の遺留分の範囲まで財産の返還を請求する「遺留分減殺請求」が行使されるまでは、有効な遺言として効力を有します。

遺留分でいう相続財産の一定割合とは、本来の相続分の2分の1です。ただし、相続人が第2順位の相続人である直系尊属だけの場合は3分の1となります。

遺留分請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与や遺贈があったことを知った時から1年間で消滅時効にかかります。また、相続開始から10年間を経過した時も権利行使はできません。

 

PAGE TOP