相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄豆知識 > 相続放棄と不動産登記

相続放棄と不動産登記


相続をする場合、不動産の相続登記を必ず
しなければいけないのでしょうか?

被相続人(亡くなった人)が不動産を所有している場合、相続の発生によって所有権移転登記(相続登記という)をすることになります。

相続登記は、必ずしなければいけないものではありませんが、相続登記をしないでおくと、後になって相続登記をする必要が出てきた場合に、二次(又は三次)相続が生じていて、相続人間の同意を得るのが難しくなったり、相続人が行方不明になっていたりと困難な事が起こりがちです。相続人の間で同意が得れた段階で相続登記をしておくのが無難です。

相続人の中に相続放棄をした人がいる場合、他の相続人が相続登記をするには、「相続放棄申述受理証明書」を相続登記の申請書に添付して法務局へ申請します。この相続放棄申述受理証明書」は、家庭裁判所に申請することで交付されます。

相続放棄をする予定の相続人が、相続登記手続に応じてしまい、相続放棄手続をする前に遺産分割協議で不動産に対する相続分を放棄した場合ですが、遺産分割協議を行ったことで相続放棄手続が出来なくなってしまいます。つまり、相続放棄をする予定の相続人は、相続放棄手続を完了させた後、「相続放棄申述受理証明書」を他の相続人に渡して不動産に対する相続手続から抜ける方法を取らなければなりません。

 

PAGE TOP