相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄豆知識 > 未成年者の相続放棄手続

未成年者の相続放棄手続

未成年者は単独で相続放棄手続を行うことはできません。

未成年者が相続放棄をするには、親権者(又は未成年後見人)が、未成年者を代理して相続放棄手続を行う必要があります。

ただし、親権者(又は未成年後見人)と未成年者が共同相続人であり、さらに親権者(又は未成年後見人)が相続放棄をしない場合は、 未成年者のために特別代理人を選任し、特別代理人が未成年者を代理して相続放棄手続を行う必要があります。未成年者が相続放棄をすることによって、親権者(又は未成年後見人)の相続分が増えるので、利益相反行為になってしまうからです。(自己契約禁止の原則)
親権者(又は未成年後見人)が、未成年者に相続放棄を強要し、未成年者の利益を不当に害することがないよう、特別代理人を選任する必要があるのです。

この特別代理人は、未成年者の住所地を管轄する家庭裁判所に特別代理人選任の審判申立を行って選任されます。選任された特別代理人は、相続放棄手続が相続人の利益を不当に害するものではないと判断した場合、未成年者に代わって相続放棄手続を行います。

親権者(又は未成年後見人)が代理すべき未成年者が複数いる場合は、それぞれに特別代理人を選任しなければなりません。この場合、未成年者間も利益が相反することになるので、一人の親権者(又は未成年後見人)が、複数の未成年者を代理することができないからです

 

PAGE TOP