相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄豆知識 > お墓・仏壇・系譜の扱い

お墓・仏壇・系譜の扱い

相続放棄をした場合、先祖代々のお墓や仏壇などはどのように扱われるのでしょうか?

お墓や仏壇や系譜(家系図)といった財産は祭祀財産といい、
法律上は相続財産から切り離して扱われます。

お墓や仏壇や系譜(家系図)等の祭祀財産の相続については、民法に『祭具及び墳墓の所有権は民法の相続の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者がこれを承継する。但し、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者がこれを主宰する』 と規定されています。

つまり、お墓や仏壇や系譜(家系図)の祭祀財産は、法定相続分に応じて相続するのではなく、慣習によって祭祀の主催をすべき人が相続します。

もし、被相続人が祭祀の主宰をすべき人を定めていた場合には指定をされた人が祭祀財産を相続します。なお、慣習が不明な場合には、申立によって家庭裁判所が祭祀財産を承継する人を定めることになっています。

そして、相続財産とは切り離して扱われるため、相続人が被相続人を相続放棄したとしてもお墓や仏壇や系譜(家系図)等の祭祀財産を相続することは可能であるということです。お墓や仏壇がどれだけ高価な物であっても、被相続人の債権者は祭祀財産の承継を阻止することはできません。

PAGE TOP