相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 都道府県別事例TOP > 和歌山県 亡くなった兄の催促状。兄には嫁もいるのに連絡もなく・・・

亡くなった兄の催促状。兄には嫁もいるのに連絡もなく・・・

疎遠になっていた依頼者の兄が8ヶ月前に亡くなったそうです。

依頼者は兄夫婦と非常に折り合いが悪く、15年以上も兄夫婦と全く交流がありませんでした。依頼者は葬儀には一応参列しましたが、兄嫁や兄の子供とはほとんど言葉は交わさなかったそうです。

先月、突然依頼者宛に兄の借金の督促状が届き、慌てた依頼者が当事務所に相談をしてきました。
もちろん依頼者には兄嫁や子供からは何の連絡もなく、催促状は依頼者だけにきていた様子です。

当事務所は、家庭裁判所に依頼者を利害関係人として照会したところ、やはり半年前に兄嫁・兄の子供が相続放棄をしていました。 そしてその旨を依頼者にお伝えしました。

その後、依頼者から正式に相続放棄の依頼を受任し、相続放棄手続は無事に完了しました。

この場合、依頼者は兄に借金があった事実を知ってからすぐに(3ヶ月以内)当事務所にご相談いただけましたので、問題なく相続放棄手続きは完了しました。

もし、疎遠になっている・仲があまりよくない親族が亡くなった場合、その家族が相続放棄をしていて、第2、第3の相続グループである、あなたにいきなり借金の催促状がくる可能性があります。
そのような場合も慌てず、専門家にご依頼いただければ相続放棄がかのうですので、ご相談ください。

 

PAGE TOP