相続放棄は専門家へ任せましょう!

自分で相続放棄手続を行う予定の方へ・・・
自分で相続放棄手続きすることはオススメしません!

相続放棄手続きを自分で実施しようと考えている方がいらっしゃいますが、私どもでは絶対にオススメしません!
その理由は、『チャンスが1度きりの手続』であり、『失敗が許されない』からです。

もし、自分で手続きを行い、家庭裁判所に相続放棄の申立をして却下されてしまった場合、却下されてから2週間以内に高等裁判所に即時抗告を申し立てる事は可能ですが、家庭裁判所の判断が覆ることはありません。
結果として、多額の負債を相続せざるを得なくなってしまうのです。

実際に、自分で相続放棄手続きを行おうとして、専門知識が不足しているため、「言わなくてもいい事実を言ってしまったため」「書かなくてもいい事実を書いてしまったため」に相続放棄が却下されて、相続をしなければならなくなった例は、現実にたくさんあるのです。

このように、専門家に任せないで自分で相続放棄手続きを行い、多額の借金などの相続放棄に失敗してしまいますと、多額の借金を背負うことになってしまい、一生、後悔することになってしまうのです。

相続放棄が認められないという最悪の事態を避けるためにも、相続放棄は司法書士などの専門家に依頼をするようにしましょう。

 相続放棄を失敗して後悔する事のないように、相続放棄は専門家に任せる!ことをオススメします!

PAGE TOP