相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄・財産放棄の基礎 > 相続破棄・相続拒否する方法

相続破棄・相続拒否する方法

被相続人(亡くなった人)の債務(借金)を相続したくない(引き継ぎたくない)場合には、
相続破棄・相続拒否をすることができます。

このような手続きを一般的には相続放棄といいます。
家庭裁判所に申立をして相続する権利自体を放棄してしまうことで、借金などのマイナスの相続を
放棄することができます。

私どもでは相続破棄・拒否の手続き代行をおこなっておりますので、借金が多いなどの理由で、
相続破棄・拒否をしたい場合は、まずは、下記まで、お問い合わせください。

06−6949−8672


PAGE TOP