相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄・財産放棄の基礎 > 被相続人(お亡くなりになった方)の借金の調べ方

相続放棄の注意点

 

注意点1 : 3ヶ月の期限

相続放棄をするには、被相続人が死亡して自分が相続人になった事を知った時より3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立てをしなければなりません。原則、3カ月が経過した場合は、相続することを承認した事になります。(*3ヶ月を過ぎていても、相続放棄できる場合があります。)

 

注意点2 : 相続財産の処分は注意

相続放棄の申立てをする相続人は、相続財産を隠匿する行為や処分する行為を一切行ってはいけません。処分する行為とは、相続財産である不動産を売却したり、預貯金を消費したりする行為のことです。相続財産を隠匿する行為や処分する行為を行った場合は、相続することを承認した事になります。
※資産価値のない日用品等を処分したぐらいでは相続放棄が認められなくなるようなことはありません。

注意点3 : 相続放棄の撤回はできない

相続放棄がいったん受理されると、特別な理由がない限り相続放棄を撤回できません。
ただし、詐欺や脅迫等の一定の事由がある場合は相続放棄を取り消すことができます。

注意点4 : 相続放棄は第3順位までしっかりと

第1順位の相続人(子供・孫)が相続を放棄した場合は、第2順位の相続人(両親)、第3順位の相続人(兄弟姉妹又は甥姪)が代わって相続人となります。ケースによっては相続人になる全ての者が相続放棄をする必要があります。

 

不動産名義変更手続きもお任せください

PAGE TOP