相続放棄・財産放棄手続きセンターTOP > 相続放棄・財産放棄の基礎 >相続放棄とは

相続放棄とは

相続放棄とは一体なんなんでしょうか?

人の死亡によって、相続が発生します。

相続の際に、一般的には、死亡した人(被相続人)が生前に持っていた一切の財産(相続財産)は、残された家族(相続人)が受け継ぐことになります。 相続する際には、不動産や預貯金などの資産となるプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も相続する必要があります。

プラス財産よりも借金等のマイナス財産が多い場合、相続をしてしまうと、相続人が借金などのマイナス財産を返済しなければならないことになります。

相続放棄とは、上記のように、マイナスの財産が多くなってしまう場合に、相続人が行うべき法律上の手続です。何の手続も取らなければ、財産相続することを承認したことになり、借金などを背負うことになってしまいますので、相続放棄手続を行う方が望ましいと言えます。

山田さんの場合は借金はなかったですが・・・

相続放棄は、借金の相続だけではなく、亡くなった方が保証人になっている場合も、その借金を相続放棄することが可能です。

保証人になっていたなど、マイナスの借金を知った場合、すみやかに相続放棄をすることがのぞましょうでしょう。

 

 

遺産放棄

PAGE TOP